秋田県公会堂(1904年〜1918年)

正式名称は「皇太子殿下御慶事記念秋田県公会堂」。明治37年に竣工、開堂した秋田県公会堂。皇太子(大正天皇)ご成婚記念に県が88,000円の予算で現在の県民会館東北部に建築したもの。県として最初の広い集会所である。開堂式は11月3日に挙行された。大正7年に大部分を焼失した。

*詳しくはこちら矢印「二〇世紀ひみつ基地」壮麗なる文化の殿堂・秋田県公会堂)



壮麗なる文化の殿堂、秋田県公会堂


公会堂炎上 (大正7年)
↓クリックすると拡大します
公会堂1 公会堂2 公会堂3 公会堂4 公会堂5